札幌出身・転勤族の30代主婦の育児日記。2007年4月27日出産。2008年2月仙台から東京へ転勤。初東京生活にびびり中。コメント大歓迎です♪


by vermilionhome
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

病院にて

初めて、自分が出産・入院する病院に行ってきました!

私は普段の妊婦検診や、初期の血液検査などは
自宅近くの個人病院でやってもらってます。
でもそこは分娩は取り扱ってないんです。
分娩の予約は別の大きな病院でとっており、
2ヶ月に一度は、そっちの病院に行く手はずというわけです。

実はこれ、仙台から全国に広まりつつある「セミオープンシステム」
いうヤツなんです。
全国的に産科が減っていることから、生み出されたアイディア。
小さな病院で普段は診てもらい、産むときは総合病院へ。
もちろん、その病院同士でカルテをやりとりしてもらい、
連携は密にしてもらうわけです。

これなら、混んでいていろんな病気の患者さんがいる総合病院に
毎月通わなくてもいいし、
何かあったらカルテもあるから、総合病院のお世話にもなれるってわけ。

今のところはこのシステム、気に入ってます。

しかし、今日、総合病院の「産科婦人科」の待合室にいたところ、
隣からこんな会話が。

おばあちゃん「あんたもおめでたで来てるのかーい?」
隣の若い女性「………流産しちゃって…」

病院の待合室で、誰にでも話しかけるおばあちゃんているじゃないですか。
でもねーいろんな患者がいるから、むやみに話しかけない方がいいよ…
とおばあちゃんには言ってあげたかった。
それ以上おばあちゃんがその女性にあれこれ話しかけるなら
私がうまくおばあちゃんの相手をしてあげようと思っていたら、
順番が来たみたいで、おばあちゃんは去っていきました。
しかし、そのおばあちゃんも婦人科の患者さんなわけですよね。
[PR]
by vermilionhome | 2006-11-21 16:49 | 病院