札幌出身・転勤族の30代主婦の育児日記。2007年4月27日出産。2008年2月仙台から東京へ転勤。初東京生活にびびり中。コメント大歓迎です♪


by vermilionhome
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お役所仕事

私たちが住んでいる仙台市では、区ごとに無料の母親教室や
妊婦のための歯科検診を実施してくれています。
母親教室は産む病院のに行っているし、
歯科検診もかかりつけの歯医者さんで済ませたので、
あともう一つ行きたかった「両親教室」に申し込む事にしました。

病院でも「両親教室」は実施しているんだけど、
「陣痛が来たら」とか、「分娩時の手伝い方」が主な内容らしく、
帝王切開のうちには関係ないかーと見送ることに。

区主催の両親教室は、
パパに重たーいエプロンをつける「妊婦体験」や、
人形を使ってお風呂に入れる「沐浴体験」が出来るらしく、
旦那に話すと二つ返事で参加希望とのこと。

月に一度の両親教室の定員はたった20組。
実施日の2週前ほどの決められた日に電話で予約しなくてはいけない。

別の日に詳細を聞くため電話してみたら、
「その日以外予約は受け付けていない」とのこと。
まぁそりゃ仕方ない。
「予約ってすぐ埋まっちゃうものなんですか?」と聞くと
「そうですね~20組はすぐ予約入っちゃいますね」
との返事。
なので、予約日の受け付け開始時間の9時には
すぐに電話をしたほうがいいとアドバイスをもらう。

忘れちゃいけないので、携帯のアラームをその日の9時にセット。
そして当日。
9時きっかりに電話をかける。
区役所の交換手の女性に「両親教室の申し込みを」と告げると
「ただいま係の者がみんな話中です」という。
そのまま待たせてもらうこと10分。
延々とオルゴールを模した保留音を聞かされるのみ。
一度切ってもう一度トライ。
再び保留音を聞くこと5分。
ようやく係の人に繋がったときには、9時15分だった。

そして案の定
「もう一杯になっちゃいました」_| ̄|○

キャンセル待ち出来るというが、
私はキャンセル待ちでも8番目なんだそうで、もう絶望的。

「次はいつ開催ですか?」と聞くと
「4月は年度代わりでバタバタするので実施しない、
次は5月だと思いますー」とのこと。

思いますって何だよ!?
赤ん坊は毎月産まれるもんだろーが?
なんで毎月実施しないんだよ!!?

5月には、もううちは産まれてしまってますがな!!


と叫びたいのをぐっとこらえて、

「定員が20組なのはどうしてですか?
 キャンセル待ちがたくさんいるなら定員を増やしたり出来ないんですか?」と
そりゃもう丁寧に質問してみると

「場所の関係で20組しか入れないから」

            (゚д゚;)

「うちは4月末には産まれるので、次回のには行けないんです。
 産まれる時期で参加者を区切ったりもしていないんですか?」
との質問も
「それはやってない」との答え。
つまり、まだ妊娠3ヶ月の妊婦でも、8ヶ月の妊婦でも
同じように電話して同じように予約しないといけないってことだ。
非効率的で馬鹿馬鹿しいよね~?

区役所の内情もいろいろあるんだろうけど、
定員20組のところに、申し込みが30組きたら、
臨機応変に、広い部屋を用意できないのかな?
無料でやらなくてもいいしねぇ。
無料にしないといけないのかしら。

これだからお役所は困るよ…

とか言ってますが私の父は公務員です。
ハイ、税金で大きくなった女です。

せっかく旦那にいろいろ学んでもらうチャンスだったのになー。
有料でもいいから、両親教室、どこかでやってないかしら。
[PR]
by vermilionhome | 2007-02-20 18:09 | 妊婦ライフ