札幌出身・転勤族の30代主婦の育児日記。2007年4月27日出産。2008年2月仙台から東京へ転勤。初東京生活にびびり中。コメント大歓迎です♪


by vermilionhome
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

猫と飛行機

e0105174_21364210.jpg


実家の猫は、この距離以上にレンタロに近づいてきませんでした~。
これでも慣れてきたほうで、最初はびびってかな~り遠巻きから見てました。
レンタロが声を出したり泣いたりすると、いちいちビクっとしてた(笑
そのくせ、レンタロがいなくなると、寝ていた布団やバウンサーの匂いをかぎまわり。
当のレンタロは、全くもって猫に興味を示しませんでしたー。
次に会う時には、たぶんレンタロが猫を追いまわすでしょう。

さて、意外に需要の多かった飛行機の乗り方なんですが(笑

私もかなりビクビクしてネットで調べてみたり、
必要と思われるものを買ったりしたんですが…

結局、たいしたことなかったっす!!

まずですねー
飛行機が寒かったら困る!という大義名分の元に購入したbaby legs、

持って行くの忘れた…
長袖のパーカーも忘れた…

さらに、授乳ケープを赤すぐnetで買ったのに、出発までに届かず。
たまたま行った無印良品で授乳用ストールを見つけて買いました。
e0105174_22501659.jpg

この柄は売ってなくて、薄いベージュのを買いました。1900円と値段も手頃!
後日届いた授乳ケープと比べてみても無印のものの方がオシャレで断然便利!
ノースリーブや半袖で冷房がきつすぎるときに、さっと羽織れるし…。
授乳ケープは授乳ケープとしてしか使えないですからねー。

さて実際の乗り方です。
まず搭乗時間の2時間前に空港に着くようにしました。
普通なら1時間前くらいでいいと思いますが、授乳時間を考えて。

空港のHPで授乳室の場所を調べておきました。
仙台空港の場合は1Fに1個所、2Fは搭乗ゲートの中にしかありません。

頃合を見計らってたっぷり授乳。満腹にします。

スリングに入れて寝かせます。

そのまま搭乗

飛行機が動き出すと、愚図りだし開始。
授乳ストールで隠して、スリングに入れたまま授乳する。
満腹のはずだけど、チュパチュパしゃぶるレンタロ。

離陸して高度が上昇してからも何度か愚図る。
そのたびにおっぱいを差し出してごまかし。
スリングに入れたままだし、ストールで隠していて動きづらいので、
左のおっぱいしか上げられず。

この調子で、行きも帰りもなんとかなりました。
やっぱり気圧で耳が痛くなるのか、何度か泣きそうでしたが
おっぱいを吸わせてゴックンさせたのがよかったみたい。

飛行機は冷房が効いていて私は寒いくらいだったのですが
スリングで密着していたので、レンタロ自身は寒くなかったはず。
スリングじゃない人は、羽織り物が必要かもしれませんね。
でもスリングに入れたほうが長時間抱っこが楽です。

あと哺乳瓶が使える子なら、おっぱいじゃなくてもミルクや飲み物を
用意しておけば、耳抜きが出来るのではないでしょうか。

席の取り方も、旦那を通路側、自分が窓際になるようにすれば
授乳もしやすいです。
行きは自分1人だったんですが、真ん中の3人がけの席で、
若いサラリーマンが一つ置いて隣だったので、ちょっと気になり、
CAさんに頼んだら空いている2人がけの席に移動させてもらえました。
もちろん、空いている便じゃないと難しいと思いますが…。

空港ではベビーカーを借りる事が出来るので、
マイベビーカーを無理して持っていく必要はないかもしれないです。
私は帰省先で使うつもりだったので頑張って持っていって
手荷物として預けましたが、正直邪魔でしたー。

その他、荷物を極力減らすためにバウンサーや着替えなどは
事前に実家に送っておきました。
オムツなども、現地で買えば済むしねー。
とにかく身軽にしたほうがいいと思います!

あとは、ケープを羽織りながらや、スリングに入れたままの授乳を
おうちで練習するのも大事ですー。
私は密かに家で練習してました。

まあレンタロはまだ身動き出来ない赤子なのでおとなしくしてくれたけど、
これが動き回る幼児になったらまた大変さは違うのでしょうねー。
とにかくこんな感じで初めての飛行機体験はつつがなく終了!
[PR]
by vermilionhome | 2007-08-29 21:36 | 赤子との生活