札幌出身・転勤族の30代主婦の育児日記。2007年4月27日出産。2008年2月仙台から東京へ転勤。初東京生活にびびり中。コメント大歓迎です♪


by vermilionhome
カレンダー

2007年 04月 18日 ( 1 )

最後の検診

36週の検診に行ってまいりました。
37週で入院・手術するので、これが最後の検診。
くり坊はますます大きく育っておりました~。

36w2dのくり坊

BPD(頭の直径)    9.3cm   
FTA(胴体の断面積) 64.9平方cm
FL(大腿骨の長さ)   7.7cm   
推定体重            2801g  

私の血圧 117/64
尿糖や尿蛋白・貧血もなし。
体重はちょうど妊娠前から+10キロ。
2週前の検診からはほとんど増えてませんでした。よかった~。

ちなみに2週前の34w2dでは
BPD(頭の直径)    8.6cm   
FTA(胴体の断面積) 72.2平方cm
FL(大腿骨の長さ)   6.3cm   
推定体重            2435g  でした。

よくよく見ると、FTAの数字が前回より減っているのね。
もしかしてFLと逆に書いちゃったかも?
というのも、分娩する大病院ではいちいち数値を教えてくれないので、
会計時に出すカルテを盗み見て(でも自分のカルテだし)、
自分でメモってきたの。

しかも、この病院では子宮底長も腹囲も測ってくれないし、
36週だけど子宮口チェックもなかったなぁ。
まぁ大丈夫なんでしょうけどね。
とにもかくにも、もう2800グラム!
来週の手術もちょうどいいのかもしれませんねー。

今回のセンセイもまた初めて会う先生だったのですが
一番親切で話しやすい感じだったので、
「頭のサイズが大きくないですか?」と気になっていたことを聞いてみたら
「ん~でも帝王切開だから、気にすることないですよ~」って
言われちゃいました。
やっぱり大きいんだ…。

通常の妊婦検診のあと、助産師さんとの会談があり、
入院についての詳しい説明を受けました。
あと、おっぱいチェックでやっぱり乳首が短めって言われてしまった…。
帝王切開の場合、最初の2~3日は横になったまま授乳するほうが
母体が楽なので、乳首が短いと吸わせづらいそうです。
うぅ…乳首マッサージ、痛くてさぼってきたのよ…。
これから1週間で頑張るぞ。

そのあとさらに検査の嵐。
帝王切開も立派な手術ですから、事前検査がいっぱいあるのです。
まず血液検査、次に胸のレントゲンを撮りました。
「えぇっ大丈夫なの?」と思ったけど、お腹には電磁波防止エプロンみたいな
重たーい防護布を巻いて撮りました。
それから心電図。
あと機械に向かって息をスーハーして肺活量を測りました。

広い病院内をウロウロし、それぞれの検査室前で順番を待ち、
けっこうグッタリ。

そしてたくさん検査をしたおかげで、お会計がなんと「9820円」でした。
事前にお金を下ろしていってよかったよー。
ギリギリ足りました(汗

これで検診は終了です!
あとは入院まで陣痛や破水が来ないように祈るのみ。
[PR]
by vermilionhome | 2007-04-18 20:01 | 胎児の成長