札幌出身・転勤族の30代主婦の育児日記。2007年4月27日出産。2008年2月仙台から東京へ転勤。初東京生活にびびり中。コメント大歓迎です♪


by vermilionhome
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2007年 05月 12日 ( 1 )

帝王切開ドキュメント

e0105174_15424840.jpg


この写真は生後10日目くらい、目がパッチリ開くようになってきたレンタロ。
今まで撮った中でのベストショット。なかなかこんなふうに目が開いた状態では
撮れなくていつも寝顔ばっかりになっちゃう。

さて、もう2週間も前のことですが(あっという間だな~)
帝王切開の手術について。
もしかしてこれから出産する人もいるかもしれないし
「自分の時とは違うな~」と比べる方もいるかもしれないので
参考までに書いておきます。
日記好きの私は、術後すぐに病室に持ち込んだノートにいろいろ書いていたので
それを見つつ、思い出しつつ書きます。

手術前夜9時 絶食・絶飲スタート。
下の記事にもあるように、赤ちゃんの泣き声と病室の暑さ、そして緊張感で
一睡も出来ないままでした。
当日の朝6時くらいまでにお通じがなければ浣腸…というお達しがあり、
そっちの方でも緊張してた。そんなに早くに便意なんてないよね~。
前に子宮筋腫の手術をしたとき、手術前後の三大嫌なことが
「剃毛、浣腸、尿道に管を入れる導尿」でした。
剃毛と導尿は仕方ないが、なんとか浣腸は避けたい!!

当日朝6時半
お通じはなかったけど、「前日にちゃんと出ました!」と
主張すると、しなくていいことになりました。よかった~。

当日朝8時  シャワーを浴びる。
術後3日間はシャワーに入れないのを知っていたので
入念に頭や体を洗いました。
ちなみに毛は前日にかわいい助産婦さんにすでに剃られてます…。

当日朝9時
手術の予定は10時と説明されていたので、
その時間に合わせて旦那も病院に来ることになっていました。
ところが「もうひとつ緊急のオペをあなたの後にやるので、
あなたのオペは早まりました」とドクターから説明が。
9時40分にはオペ室に入ってもらいます、とのこと。

9時35分 旦那病室に到着
あわただしい手術前となってしまいました。
旦那に頼んだのはただ一つ。
「赤子が運ばれてきたら、ビデオと写真撮影をよろしく!!」ということ。
私は術後の処置がいろいろあるので、赤子の方が先に病棟に帰ってくるのです。

9時40分 手術室へ移動
病室で点滴などはせず、自分のパジャマのまま歩いて手術室へ。
なんとなくストレッチャーに乗せられていくもんだと思っていたので、
「歩いて行くって緊張感ないなー」と呑気なことを考えてしまった。
病棟のある7階から看護婦さんと旦那とエレベーターに乗り、
手術室のある3階で旦那とお別れ。
手術室には家族も入れないのでした。

9時45分 いざ手術室前へ
手術室の前にある更衣室でパジャマを脱ぎ、寝間着のような手術着へ着替え。
手術中、好きなCDをかけてあげますよ、と言われていたので、
車でよく聴いていたモーツァルトのピアノ協奏曲のCDを看護婦さんに渡す。

ここまでは余裕のよっちゃん(死語?)で、
看護婦さんとしゃべったり、周りをきょろきょろ見たりしてました。
しかし、いざ、いざ手術室の中へ入ると…!!
以下次号!!
[PR]
by vermilionhome | 2007-05-12 15:42 | 病院