札幌出身・転勤族の30代主婦の育児日記。2007年4月27日出産。2008年2月仙台から東京へ転勤。初東京生活にびびり中。コメント大歓迎です♪


by vermilionhome
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:体の変化(産後編)( 7 )

離乳食お休み

e0105174_11591316.jpg


ホウレンソウとシラスのおかゆを食べさせたあとのレンタロ。
なんで鼻にまでホウレンソウが!?
あ、先週から豆腐とシラスに初挑戦しました。これでタンパク質デビューです。
そして朝あまり食べないんだけど、夕方にも食べさせることにして2回食に。
2回食にしたほうが逆に食べるようになるかも…と期待してたんだけど、
やっぱりあんまり食べないなぁ~。食べるより母乳が好きらしい。
あと、バナナとリンゴはやっぱよく食べるかも。甘いからかねぇ。

しかーし。一昨日くらいから飲まれるたびに右のおっぱいがチクチク。
「歯の生え始めだから噛まれてるのかしら」と気にしてなかったんだけど、
お風呂に入っているときにふと見ると!!

右の乳首に白いものがポツリ。触ってもとれません。
あぁこれが噂にきく、白斑ってヤツ…。もっと早く気付こうよ…。
これが出来ると乳腺炎になる可能性も高いという恐ろしいアレです。

あわてて、以前白斑になったと話していたママ友にメール。
離乳食をお休みしてもいいから、飲んでもらって、マッサージして
詰まりをなくすことだと聞き、あわてて離乳食休止へ。
私ったら変なところで真面目?だからさ、離乳食もキッチリ食べさせてたんだけど、
やっぱ自分や子供の体調で臨機応変にしなきゃならないのよね。
というわけで昨日の日曜日、たっぷり作りおきした離乳食でしたが
白斑が治るまでお休みしようっと…。あぁタイミング悪いわ。

それにしても、思い当たるフシ、ありあり。
甘いモノが食べたくて、以前はオヤツという習慣がなかったのに、
なんだかんだで甘いモノや乳製品を食べすぎていたんだよねー。
土曜日なんて、初めてスコーンを焼いちゃって、
自家製のミルクジャム&ラ・フランスのジャムをたっぷりつけて堪能してました。
それから、「パン作りの参考に」という名目で、キャスロンで
粉糖やバターがたっぷりの「シュトーレン」を買ってきて
スライスして食べてたんだぁ。

さらに、離乳食を2回食にして、授乳の間隔もかなり開いてしまってた。
朝なんて、6時にごまかし程度に飲ませたあとは、11時や12時くらいで、
その間5時間くらい開いて、おっぱいもガンガンに張っていたんだよ…。

あぁ乳腺炎にだけはなりたくない!
今のところ、乳首はチクチク痛むけれど詰まったりしこりが出来ているわけじゃ
なさそうなので、とにかくレンタロに飲んでもらうしかない!
がんばれレンタロ!
[PR]
by vermilionhome | 2007-12-10 11:59 | 体の変化(産後編)

最近の悩み

e0105174_19375433.jpg


レンタロが自ら絵本を引っ張り出してきて、一生懸命見てました(笑
奥に見えるワゴンの下の棚に絵本やオモチャを並べているのですが、
そこに手を伸ばせるようになっちゃった。
あいかわらずズリバイで、前には進めないのですが、
後ろと、自分の左方向に回るのは驚くほど早くなりました。
なので、自分の右側に欲しい物があっても、いったん左から回ってます。
そのやり方でリビングを縦横無尽にはいずりまわっています。

先日Mちゃんママにラ・フランスを頂いたので、それでジャムを作りました。
きび砂糖、水あめでコトコト煮詰め、最後に国産レモンの汁をちょっと。
適当な分量で適当に作ったのに、思いのほか美味しく出来ました!
2個のラ・フランスで普通のジャムの空き瓶2本分にもなったし、
今日Mちゃんママに会う約束があったので、差し上げようと心に決めていたのに、

持っていくの忘れた…

_| ̄|○

最近、物忘れが多いです。物の名前とかもすんなり出てこないというかー。
旦那も同じ状態で(笑)夫婦の会話が「アレ」「アノ人」ばっかりです。


産後に激しく抜け落ちた髪の毛、ペースは鈍りましたがまだ抜けてます。
そして、ツンツンと短い髪の毛が生えてきまして、非常に不恰好です。
さらに!よくよく見るとその短い髪の毛の中に

白髪が混じってる!

(´Д⊂グスン

いや~ん。短くてツンツン立っているので白髪が目立つのです。
ヘナ(植物性の染料)で自分で染めようと思いつつ、
ずっと以前に一度やったきり…。早くもう一回染めなくては。

そしてこれが一番の悩みなんだけど、

なんか私、太ってきてるんだよね…。

食欲は産後変わらずずーっと旺盛で、旦那より多く食べるときもあるほど。
でも、出産後2ヶ月半くらいで妊娠前の体重に戻ったので、
「やっぱ母乳だし、食べてても痩せるのねー」って安心していたら、
最近はそうでもなくなって、気付いたらなーんかお腹周りが重たい…。
怖くて体重計ってないけど、明らかに太ってます。

新聞の折込チラシで、仙台のNHK文化教室で来年の1月に
あの「美腰ダイエット」で有名なSHINO先生の特別1日講座が開かれると知って、
思い切って申し込んでみたのですが、

キャンセル待ち30人目でした…。

土曜日だったので、レンタロは旦那に見てもらって、参加できると思ったのにー!
美腰ダイエット、知ってます?
腰をグルグル回すだけの骨盤体操です。
思い出したようにやってるんだけど、今のところ効果ナシです。
その前に食べ過ぎ&運動不足なんだな、きっと。
う~ん、クリスマスにお正月が怖いっ!
[PR]
by vermilionhome | 2007-12-06 20:02 | 体の変化(産後編)

涙もろいんです

e0105174_16441573.jpg


最近のお気に入りのレンタロいじりは、眉間をぐいっと上にあげること。
とたんにすっごいブサイクになるんですよー。
おかしくておかしくて旦那と2人でヒィヒィ笑いながらいじってます。
すまん、レンタロよ。

熱は下がったものの、やっぱりまだ本調子じゃないのか
とても疲れやすくって、今日もほとんど家にいました。

最近、ちょっとしたことで感動しやすいです。
こないだも、レンタロのために絵本を選ぼうと思って
ちょっと絵本を立ち読みしたらすっごい感動する話で…
確か「ゾウさんとネズミくん」って話だったと思うんだけど、
絵本立ち読みしながらボロボロ泣いてしまいました(笑

昨夜、バレーボールをやっている高校生たちのドキュメントが放送されていて、
普段の私ならあんまり見ない番組なんだけど、
旦那もいないし暇だしでちょっと見ていたら、
なんか泣けてきて…ボロボロ泣きながら見てました(笑

実は私、中・高とバレー少女だったんです。
まあまあ強いチームで、休日もなく毎日必死で練習してました。
そういうのを思い出したら涙出てきちゃって…。

それと、レンタロが将来何かスポーツをやったらどうなるかなぁって思うと、
それもまたなんだか泣けてきて…。バカだよねぇ。想像して泣くなんて。

よく幼稚園や小学校の運動会や卒業式で母は泣けるって聞くけど、
私は間違いなく大泣きする自信があります。
今から覚悟しておこう。
[PR]
by vermilionhome | 2007-11-14 16:44 | 体の変化(産後編)

なおりました

e0105174_1729345.jpg


日曜から出た熱が今朝やっと引いて、回復しました!
頭痛も消えたようです。
敷きっぱなしだった布団を干してシーツも洗濯したら気分すっきり!

レンタロのこんな笑顔が母を幸せにしてくれます。
レンタロ、ありがとう!お母ちゃんは元気になったからね~。
とりあえずお風呂に2日入ってないので、髪を洗いたい!
[PR]
by vermilionhome | 2007-11-13 17:29 | 体の変化(産後編)

最近のブーム

e0105174_22595032.jpg



うぃ~酔っ払ったよ~。

おっぱいをたらふく飲んだあとのレンタロ。
ゲップさせるため膝に置くと、こんな顔になります。

顔が真っ赤で、額にシワができ、手をバタバタ。
その様子が酔っ払いオヤジのようなので、
私と旦那は、いつも勝手に台詞をつけて遊んでる。

うぃ~。ひっく。
おーいお母さん。水持ってきてくれーい。
ん…?水飲んだらまだまだ酒飲めそうな気がして来たぞ~。
よーしもう一杯飲んじゃおっかなー。
うぃ~。ヒック。しゃっくり出てきちゃったよー。

なんて感じで、満腹のレンタロをオモチャにしています。
1~2ヶ月児を育児中の方、かなり面白いので是非やってみてください。
って何を薦めてるんだ。

今日は母親の方の1ヶ月検診でした。
今回は時間に遅れずに行けた!だんだん外出にも慣れてきたぞ。

診察結果は、子宮の戻りも帝王切開の傷も良好とのことで、入浴解禁に。
温泉行きたいんで入っていいかどうか聞いてみたら、
「大丈夫だけど、体温まるとオッパイ張りますから注意してください」だって。
オッパイ張り張り恐怖症の私は、これでかなり腰が引けました。
まぁ赤子連れて温泉なんて夢のまた夢だな。あきらめよう。

周りにはこれまた産後1ヶ月の人ばっかりだったんだけど、
髪をちゃんと巻いたりしちゃって、キレイにしてる人はしてるのよね~。
(そうじゃない人もいたけどさ(笑)
私ばっかり太ってだらしない格好のような気がしてきてちょっと落ち込む。
妊娠前まであと3キロくらいなんだけど、それがなかなか落ちない…。
ヨガもやれてないし、骨盤も緩んでるのが分かる。
帝王切開の傷は正直まだ少し痛いから、ガードルとか長時間穿けないよ。
なので今トップスもボトムも、着られる服が少ないです。
かといってワンサイズ上のを買うのも嫌だ。
こうやってオンナはオバサン化していくのだろうか。いや、頑張るぞ。
[PR]
by vermilionhome | 2007-06-06 22:59 | 体の変化(産後編)

トラブルにはアレの葉

e0105174_18565799.jpg


レンタロにはまだ眉毛がありません。
夜中にこういう顔見るとちょっと怖い(笑)
そして前髪のポヤポヤ具合は東国原知事にそっくりです。

新生児って2種類に分類できると私は思ってマス。
「横綱・朝青龍」タイプと「ガッツ石松」タイプ。
産まれたときから髪が濃くて黒々、顔にぷっくりとお肉がついていて
目鼻立ちがお肉に埋もれてる感じの赤ちゃんが「朝青龍タイプ」
友人のE子ちゃんが自分の子供のことを「うちの子、朝青龍みたい~」と
言っていたところから命名(笑)
ガッツ石松タイプってのは、おでこが前に出っぱっていて
さらにシワが刻まれていてサルっぽい感じの赤ちゃん。
だいたいこういう子はレンタロのように髪が薄い子が多いような。
言うまでもなくうちのレンタロはガッツタイプです。
皆さんのところはどっちですか~。(ってどっちも嬉しくない?)

ここからはオソロシイ話です。

母乳育児を強力に推進する病院で出産したので、
母乳に大事なこと、駄目なこと、いろいろ教わりました。
中でも、いい食べ物、悪い食べ物は目からウロコ。

ケーキなどの甘いもの、牛肉などの脂はもちろんNG。
タケノコやワラビなどの春の山菜はアクが強すぎて乳が詰まる。
そしてサバやアジなどの青魚も脂が多すぎてオッパイが張るそうな。

病院の食事もこれらにすごく気を使っていました。
退院してからも実母に協力してもらい、母乳によいものを食べてたんだけど、
実母が帰ったあと、自分で食事の支度をするようになってから
「ちょっとだけならいいだろう」と、サバを食べちゃったんですよ。フィレ1枚分。

そしたら翌日!

両方のオッパイがガチンガチンに張ったのさ~!!
張るなんてもんじゃないっすよ。
どでかいしこりがいろんなところに潜んでいて
オッパイが変形するほどだったの~。
自分のオッパイとは思えないほどの気持ち悪い形だった~。

あわてて噂に聞いていた
キャベツ湿布 なるものを早速やってみた。

キャベツの葉っぱをオッパイに直接当てるだけ。
一昼夜キャベツの葉をブラジャーに入れて過ごしました(笑)
そしたら本当に楽になってきたんですよー。
もちろん、レンタロにガンガン吸ってもらいつつ。

治らなかったらオッパイマッサージ予約しなくちゃって思ったんだけど、
なんとか治ったので本当によかった~。

オッパイが張るタイプの皆さん、サバにはくれぐれもお気をつけください。
[PR]
by vermilionhome | 2007-05-27 18:56 | 体の変化(産後編)

地獄の痛み

e0105174_1146225.jpg


ベビービョルンのバウンサーに乗せてみた。
はじめは気に入らなかったらしいけど、次からはきょとんとして乗ってました。
でも30分くらいしかおとなしくしてないかな。

さて。

妊娠してからというもの経産婦さんからは
「つわりがきつかった」とか「陣痛が痛くて死にそうだった」とか、
「帝王切開は後産がキツイよ」とか、
妊娠・出産にまつわる「肉体的にキツイエピソード」をいろいろ聞いていたのですが。

ワタシの場合は
①つわりはまるでなし。炊きたてご飯もパクパク食べておりました。
②予定帝王切開のため、陣痛などは経験ナシ。
③手術後の回復も早く看護婦さんに「こんなに早い人珍しいよ」と言われたほど。

ということで、妊娠・出産の辛いことなどまるで経験しないかのような
(もちろん多少はありましたよ)順調ぶりだったのですが。

産んだあとのこの痛みについては、誰一人教えてくれなかった。

こんなにおっぱいが痛いとは!!

産後3日目くらいからかなぁ。
おっぱいがカッチンカチンに硬くなって、痛いのなんのって。
いわゆる「おっぱいが張る」状態ですね。
どれくらい張るのかというと、横を向いて寝られないくらい。
(横を向くと自分の腕でおっぱいを圧迫してしまい、それが痛かった)

もちろん出産後すぐからレンタロにおっぱいは吸わせていたんだけど、
どちらもまだ下手くそで、ちゃんとはおっぱいが出てなかったんですね。
そして私は、「おっぱいがたくさん作られちゃうタイプ」だったらしく、
だけどおっぱいの先ではまだ出口は開通していないので、
どんどんおっぱいの中に母乳がたまっていってしまうという悪循環。

それでどうするかっつーと。

おっぱいマッサージですよ!

これがまた痛いのねぇ…。
涙出たよ、マジで。
優しい助産師さんに「ごめんなさいねぇ。頑張ってねぇ」と励まされながら
この初体験の痛みを乗り切りました。
マッサージ一回で出るようになったわけではなく、
7日間の入院で合計3回もこのマッサージ受けましたね。

おっぱいの入り口が開いていないのに、それを開通させようっていうんだから
痛いわけですよねぇ。

で、私は考えた。
この痛みを男性である旦那にも伝えたい!
この痛みは例えて言うならば…

尿管結石の痛みに近いのではないか。
おしっこをするたびに焼けるように痛いというあの病気。
あるいは「まだむけてないおちんちんの皮を無理やりむく痛み」はどうだろう。

旦那に「↑これくらい痛いんだよぉ」と訴えると
非常に嫌な顔をされました。ハハハ。

まもなく産後1ヶ月の今は、張って痛いというのはなくなって
乳首が吸われすぎて傷になりかけて痛いです。
これもまた激痛です…。レンタロはそんなことに構わずゴクゴク飲んでるし…。
というわけで、日中1人で家にいるときは、傷を治すためにもおっぱい丸出しです。
いつか間違えて宅配便のオニーサンにおっぱいを披露してしまいそうだ。
[PR]
by vermilionhome | 2007-05-24 11:11 | 体の変化(産後編)