札幌出身・転勤族の30代主婦の育児日記。2007年4月27日出産。2008年2月仙台から東京へ転勤。初東京生活にびびり中。コメント大歓迎です♪


by vermilionhome
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:家族( 14 )

クリスマスプレゼント

昨日、自分の分の年賀状を無事投函!!これで安心でーす。
年々、年賀状が届くのが遅くなったような気がしてるのは私だけ?
今年から郵便局でパートを始めた友人によると、
職場の皆さんは「ずっと公務員だったからのんびりしてる」らしいです。
かなーり怒ってました(笑)
彼女はパートなのに、局員からものすごく頼りにされているらしい。
特に今年は民営化したばかりだから現場も混乱しているに違いない。
皆さん、年賀状は早めに出したほうが無難でっせ。

年賀状と一緒に、実家へのクリスマスプレゼントを発送しました。
別に毎年贈っているわけじゃなく、思い出したように送ってみたんだけど…。

中味はまずこれ。

e0105174_112415100.jpg


手作りのシュトーレンです。
ドイツの伝統的なパンで、ドライフルーツがたっぷり入っています。
バターもかなり入っていて、焼き上がりにさらにバターを表面に塗って
風味づけをします。あら熱が取れたら上から粉糖をかけます。
バターが多いので、日持ちするのです。ドイツではクリスマスの1ヶ月前に焼いて
当日を楽しみにしながら少しずつスライスして食べるんだそうです。
形が悪いけど、でも本当にこんな形なんですよー。二つ折りにするんです。

中にはレモンピール(自分でレモンの皮むいて煮詰めて作ったんだよ!)、
オレンジピール(これは買ったけど)、
くるみ、アーモンドスライス、そしてラム酒漬けレーズンです。
ラムはマイヤーズの小瓶を買ってきて自分で漬けました。

こういう大きいパンって一つ味見ってわけにもいかないから
かなーり不安です。
ドライフルーツが片寄って入っていると思います。
不安だったので、自分の実家に送るほうの端っこをスライスして味見しちゃいました。
味はたぶんグー(死語?)だと思うんですが~。
ちなみにこのシュトーレン、キャスロンで買ったら2,000円以上しました。

それからこれも。

e0105174_1205253.jpg


色は悪いけど…廃油から作った石けんです。
これ、EMとEMセラミックパウダーが入っているので
油の臭いも気にならず、汚れ落ちもものすごくよいんです!!

【EMとは…有用微生物(Effective Microorganisms)の略。
 詳しくは こちら→EM研究機構
このEM、お米の研ぎ汁を使ってどんどん増やすことが出来るので
超経済的なんです。今は家中のお掃除、洗濯に大活躍。
レンタロの布オムツのつけ置き洗いに、お風呂に入れて入浴剤に、
洗えないレンタロのオモチャにスプレーするだけでスッキリ、などなど…。
このページ分かりやすいかな→EMジャパン

石けんって、作ってからだいたい1ヶ月寝かせないと使えないので、
クリスマスに間に合わせたくて先月作りました。
1ヶ月寝かせて、満を持しての登場。
あっラッピングした後の写真も撮ればよかったわ~。失敗。

パンも石けんも見栄えは買ったものより見劣りするけれど、
手作りってことで許してね…>両方のお母さんへ

クリスマスにいろいろショッピングも楽しいけど、
こうやって前々から準備するのも楽しいなぁ~。
来年も出来るかどうかは分からないけど(笑)
[PR]
by vermilionhome | 2007-12-22 11:24 | 家族

旦那発言集

e0105174_22105244.jpg


これが恐怖のグズグズ状態のレンタロです!!

夜泣きが始まったかも?と思って覚悟していたのですが、
2日間で終わったみたい。よかったぁ~。
黄昏泣きも一日で終了~。今日はおんぶしなかった。

さて、夜泣き対策には「よく笑って美味しいおっぱいを作ること」だと
てらさわ小児科のドクターに言われたことは前に書きました。

実は、夜泣きした日は旦那が出張でいなくて、
旦那が帰ってきたら機嫌もよくなったんですよねー。

ま、偶然だとは思いますよ。
思いますが、旦那がいると私も会話の相手が出来るし、
なにより彼はサイコーに私を笑わせてくれるのです。
ノロケじゃないよ、本当に本当に面白いこと言うんだもん!

昨日も連発してくれました。

まず、テレビに出ていた宝塚出身の女優さんを見て言ったひとこと。

「この人、何組?


           白組?」


(´Д`;)コウハク?


それから、先週末、家で水炊き鍋をしたんですが、
その「水炊き」がどうしても思い出せなかったらしく、


「こないだ食べた鍋なんだっけ?


           しらたき?」



Σ(^▽^;)オシイ!!


最後にもうひとネタ。

テレビで札幌のスープカレーのお店を紹介していて、
そこからスープカレーの話になったんです。
札幌にいる頃2人でよく行っていたお店は「ラビラビ」っていう名前でした。

でも店の名前が思い出せなくって、旦那はこう言いました。


「あの店の名前なんだっけ?

      
      カピカピ?」




(((( ;゚д゚)))オイシクナサソウ!!


毎日何かしらボケをかましてくれる我が旦那。
彼がいる限り、私の母乳は美味しいに違いない。
[PR]
by vermilionhome | 2007-11-30 22:41 | 家族

旦那と息子

e0105174_1354731.jpg


旦那の帽子を被らされたレンタロです。
旦那が「かわいいかわいい」と興奮して写真を撮っていました(笑)
最近、やっと旦那もハイテンションでレンタロに話しかけることが
出来るようになってきました。
前までは恥ずかしかったみたいです。

オムツも換えてくれるし、着替えもできるし、
上を見たらキリがないけど、今のところいいパパだなーと思ってます。
これからも頼むよ、旦那!
[PR]
by vermilionhome | 2007-10-20 23:05 | 家族

ハイネック

e0105174_2350176.jpg


今朝、旦那に着替えを頼んだら

後ろ前だったYO!


胸をはだけて笑うレンタロです。


プチバトーのハイネックボディというヤツで、首の後ろでホックを留めるんですよ。
ワタクシ御用達の赤すぐ.netで買いました。
[PR]
by vermilionhome | 2007-10-16 23:50 | 家族

かまわれすぎて

e0105174_17442620.jpg


帰省から帰ってまいりました~!!

はー北海道は朝晩は涼しくて過ごしやすかった~。
日中は暑い日もありましたけどね。

今回はレンタロの顔見せ親ばか興行と銘打って(笑)
前半は友人とランチやらお茶やら以前の職場に遊びに行くやら
予定をめいっぱい詰め込みまして。ちょっと疲れました。

後半は旦那も合流し、単身赴任をしている私の父に会いに、
とある田舎町までレンタカーで行ってきました。
父は孫に初対面。
あんなにメロメロになった父は初めて見たな~。
厳しくておっかない父だったんだけど。

そしてレンタロは、じいじ、ばあば、そして叔母さん(私の妹)に
かまわれすぎて、すっかり殿様状態でした。
ちょっと甘えれば抱っこしてもらえるというのを覚えたらしい。
そして何気なく首もほぼ座り、寝返りも練習し始めてます。
日々の成長をじいじ、ばあばに見てもらえてよかったです。

私は毎日母に食事を作ってもらい、洗濯までしてもらってました。
すっかり上げ膳据え膳生活にだらけきって帰ってきました。
明日からの通常生活が怖いです。

次回、飛行機の乗り方のコツを記事にしま~す。
[PR]
by vermilionhome | 2007-08-27 17:44 | 家族

孫はかすがい

e0105174_11381439.jpg


先週の話なんだけど、無事に塩竃神社にお宮参り行ってきました。
これが旦那ママが急遽買ってくれたドレス。
本人は爆睡中。

このあとさらにご祈祷のときには、羽二重っていうの?
着物を羽織らせて、旦那ママが抱っこ。
祈祷のとき、けっこう大きな音で太鼓が鳴ったりするんだけど、
旦那ママの腕で気持ちよさそうに寝ているレンタロでした。
とってもいい子で安心しました♪
塩竃神社も天気がよくて新緑がきれいで、塩釜港まで見渡せて
最高だった!でも久しぶりの長い外出でクラッときたけどね。

さて、福岡から旦那両親が来てくれたわけで、
確かに気も使ったし、長時間のお出かけで体も疲れたんだけど、
両親の孫かわいさが伝わってきて、こっちまで嬉しくなった。

私は「どうやっておもてなししよう」「ご飯は何を出そう」なんて
形ばっかりに気をとられていたんだけど、おばあちゃんたちは、
レンタロを抱っこしてあやせればもうそれで大満足なわけ。
そして確かにレンタロを抱っこしてくれる人がいれば
こっちも少し安心してご飯を食べたりできるわけですよ。
(あ~近くにじいじ、ばあばがいれば、預けて外出できるのにな~って思った)

そんなこんなで「子はかすがい」というけど
「孫はかすがい」を実感した週末でした。

そうそう、旦那のパパがね、孫の顔を見るより先に私の体を気遣ってくれて
「元気そうで顔色もよくて、相変わらず美人じゃのう!」って言ってくれたの。
もちろん気使ってお世辞で言ってくれたんだけど、
その思いやりがすんごく嬉しかったんだよねー。
パパありがとう!!
そんなパパの誕生日も近かったので、還暦のお祝いも一緒にして
2泊3日の義両親訪問は終わったのでした。
[PR]
by vermilionhome | 2007-06-11 11:38 | 家族

お宮参り狂想曲

e0105174_14114814.jpg


にやりと笑うレンタロ。
シアーズ博士の本によると、「新生児の微笑み」というらしい。
本当に笑ってるわけじゃないんですよね。
寝入る瞬間に笑う事が多いです。

レンタロが着ているのが、私が買った紺色のセレモニードレス。
退院のときはたよりない新生児だったので紺が似合わなかったが、
体も顔つきもだいぶしっかりしたし、日曜日のお宮参りには
いよいよこれの出番!…と思って着せてみた。

しかし、旦那ママが、新しいドレスを送ってきてくれたので、
私が買ったものは結局お蔵入りになりそう。
[PR]
by vermilionhome | 2007-06-01 14:33 | 家族

床上げ…そして母帰る

昨日の18日金曜日が産後&生後3週間。
昔風に言うと床上げの日でした。
昔からの言い伝えや育児方法のほとんどを信じていない私ですが、
確かに3週間たったら体調もよくなってきましたねぇ。

そしてついさっき、退院してから2週間手伝いに来てくれていた母が
札幌に帰って行きました。

実の親子といえども、退院後1週間は、母親の何気ないひと言、
行動がかなーりうっとおしかった!!
母よ、すまん。

食事の用意も洗濯も掃除もぜーんぶお願いしたんだけど、
自分のやり方と違う…とイライラ。主婦の皆さんならこの気持ち分かるでしょ?
母乳のために薄味和食をお願いしてるのに、妙に味の濃い煮物にイライラ。
私は環境のためにエコ石けん生活を実践したいのに、
合成洗剤をいっぱい使って掃除したがるし…。(これはストップしたけど)

途中であきらめて主導権を全て母に譲り渡してからは
(最初からそうすればよかったんだけど)少し楽になったけどね~。
おかげで今冷蔵庫に何が入っているのか分かってない、私。

でも、うちの母は昔からの育児方法を押し付けたりしないし、
赤ちゃんのお世話ばかりしたがって私の仕事を取り上げる…
なんてこともなかったので、助かりました。

それにね、すごいきれい好きなの!
トイレの便座も、お風呂のバスタブも分解して掃除していってくれました。
旦那曰く、「お掃除サービスに頼んだら何万円もするコースだよ…」と。
確かにそうかも~。
おかげさまで今は家中ピカピカです。これを保たなければ~。

ま、もう私の家族は旦那とレンタロだけであって、
実の母といえども「別の家庭の主婦」なんだなぁと実感した2週間でした。
[PR]
by vermilionhome | 2007-05-19 14:56 | 家族

両親教室にて

今日は本当に素敵な一日でした!!
両親教室に参加してきたのです♪

定員がいっぱいで、区の両親教室には参加できず、困っているときに
マタニティヨガを主催している助産院の方に頼んだら、
いつでもやってあげるよ~と言ってくださった話は、
以前にも記事に書きました。

とうとう今日それに2人で参加してきたわけなんですが、

なんと!!

本物の赤ちゃんに触らせてもらえたんです~!
おととい産まれたばかりの新生児ホヤホヤの男の子と、
2ヶ月の女の子が練習台になってくれました♪

とにかくカワイイ!生後2日なのにちゃんと表情もあるし
あくびしたりホエホエ言ったり…もう見てるだけでこっちの顔も
ふにゃ~となってしまいます。
旦那もこわごわほっぺや足を触らせてもらって
「柔らかい…」と感動の様子。

まずは沐浴ということでしたが、そこは人様のお子様ですから、
助産師さんがお風呂に入れるのを説明付きで見学させてもらいました。
不思議なことに、お湯に入れると赤ちゃんはホントに
「ほぇ~気持ちいいのぉ」っていう顔になるのですねー。
その顔がオヤジみたいで、でも可愛くて可愛くて…♪
だけど、助産師さんみたいに手早くパパっと出来るかはとても不安…。

続いて別室で、抱っこの練習。
まずは首がグラグラしてる新生児お人形で予行練習。
首の後ろを支えて、お尻の下をしっかり持てば落ちることはない!ってことで。
人形の次は、本物の赤ちゃんで練習です。
私も首がすわってない赤ちゃんなんてそんなに触れたことないし、
旦那もまったく初めて。
両腕でしっかり抱っこするのは2人ともなんとか出来るんだけど、
じゃあ片腕で…となると、これがまた難しい!
旦那にいたっては、「変なところに力が入っちゃってるよ、オレ」って言って
ガチガチに固まってしまってました。

その後も、練習台になってくれた赤ちゃんたちのお母さんが
用事から帰ってくるまで1時間くらい、一緒にいられたんです。
旦那は2ヶ月の女の子にミルクをあげさせて、ゲップの出し方も習いましたし、
私も生後2日の赤ちゃんを抱っこしてあやしてたら、ぐっすり寝てくれて
なんだかすっごく嬉しくなっちゃって…。

最後に2ヶ月の女の子をお風呂に入れるのに、
旦那が実際に挑戦!してみたのですが時間がかかりすぎちゃったせいか、
頭を洗い終わったくらいで、女の子がむずかりだし
助産師さんに交代となりました。
でも、まったく初めての経験だったんだから、旦那もよく頑張りました!

旦那が、最後の方はすっかり慣れて
赤ちゃんをあやしたりしているのを見て
「おぉ~案外似合ってるじゃん!」って安心したし、
なんだか感動して涙が出てきちゃいましたの…。

助産師さんも「旦那さん上手ですよ!」って乗せてくれたし
私も誉めまくったから、やる気になってくれたみたい。
「早く出てこないかなあ」ってすっかり待ち遠しくなったようです。

区や病院の両親教室よりも、アットホームだったし、マンツーマンだから
聞きたいことも聞けたし、何より本物の赤ちゃんを抱っこさせてくれるなんて…
最高の両親教室でしたぁ♪
とも子助産院さんどうもありがとうございました!
とも子助産院HPはこちら→http://www.tomo-j.jp/
[PR]
by vermilionhome | 2007-03-31 22:16 | 家族

ゴミ袋の場所

旦那さんが手伝う家事のNo1はゴミ出しだと
何かで読んだことがあります。
でも私は声を大にして言いたい。
「ゴミを出すだけなら家事とは言わない!!」と。

だって、家中のゴミ箱からゴミを集めて一つのゴミ袋に
まとめるのは主婦の仕事じゃないですか?
うちの場合はそうです。
まとめたゴミ袋を玄関のたたきにおいておく…
ここまでが私の仕事。
それを持って、家のまん前のゴミステーションに捨てるのが旦那の仕事。
そんなの、訓練すれば猿にだって出来ると思いませんか?

例え、私がゴミ出しを忘れてしまったところで、旦那は気付きもしません。
だって燃えるゴミの日は何曜日、なんて旦那は覚えてないんだもの。
ただただ私がまとめておいたものを持っていくだけだから。

この前の朝、旦那がカバンを捨てるっていうので、
私が用意したゴミ袋に彼が自分でそれを入れようとしてました。
(仙台は「家庭ゴミの日」には家庭用品を捨ててもよいのです)
でも、他にもゴミが入っていたゴミ袋には入りきらなかったみたい。

そのとき私は朝ご飯のために、菜の花入りの卵焼きを焼いてました。
ご存知のとおり、卵焼きはけっこうデリケートな料理。
私もタイミングを見計らってくるっと巻こうと構えてました。

ところが旦那がキッチンの入り口まで来て、
「ゴミ袋が小さくて入らない!」と私に訴えるのです。
卵焼きに集中してた私が
「じゃあもう1枚ゴミ袋出して別に入れたら?」と何気なく言ったら、

「じゃあお前やっといて」

とくるっと背を向けて、その場にゴミ袋とカバンを置いていったのです。
これで私のこめかみの血管が何本かブチっと音を立てました。

「ゴミ袋の場所知らないの!?自分で出してよ!!」ってキレたら

「知るわけないだろ!!」と旦那もブチキレ状態。

そこまで言っても、決して決してキッチンに入ってこようとしない旦那。
すぐそばの引き出しを開ければ、仙台市指定のゴミ袋が入っているというのに、
場所を聞こうともしない…。

悲しくなって大泣きしてしまいました。

里帰り出産をするか、仙台で産むか迷ったときに
「俺が手伝うからこっちで産めば」と言ってくれた旦那でしたが、
この事件で、またまた「やっぱり里帰りにすればよかった…」と大後悔…。

朝からこんなことで喧嘩をして、お腹のくりくり坊主には
きっと全部聞こえていて苦しかったと思います。
だって、お腹がキューって痛くなったもの。

結局この喧嘩は、次の日まで引っ張りました。
今は和解していますが…。

妊娠初期から9ヶ月の今まで、つわりもなく切迫流産などもなく、
私自身がすごく元気なので、旦那としてもあまり危機感がないのかも…。
だったら、つわりでもなんでもあった方がよかったのかなぁなんて
馬鹿なことを考えたりしました。

旦那は旦那なりにやってくれているのは分かるんだけど…。
あと一歩足りないのです、いつも。

例えば…旦那と食料品の買い物に行くと、
お米や食料品の入った袋を、車から家までは全部運んでくれるんです。
でも、その袋をキッチンの入り口に置いて終わり。
結局、米びつにお米を移しかえるために、米袋を持ち上げるのは私なの。
あと、うちはミネラルウォーターの1.5Lボトルを箱買いするんだけど、
それももちろん嫌がらずに運んでくれます。
でも、その箱をどんと玄関あたりに置くだけ。
1本1本出して所定の位置に入れて、段ボール箱をつぶすのは私。

ああ…やってほしいこと、ぜーんぶ口に出して言わなきゃ
男の人って分からないのかなぁ…
ちょっとだけ「これやってあげようか?」とか
「何か手伝うことない?」とか声をかけてくれるだけで違うのに…。
でも言うと喧嘩になったり、意地張ってやってくれなかったりするし…。
私の言い方も悪いのかもしれないけど、
うちの旦那は言えば言うほど意地を張る傾向があって、
なかなかにコントロールが難しいのです。

あぁ長々と書いてしまいました。
とにかく今は、くり坊が産まれてくるのが待ち遠しい反面、
新しい生活が始まるのが不安で怖くてたまらない。

皆さんのご主人は、ゴミ袋のしまい場所や、
ゴミ出しの曜日をちゃんと知っていますか?
[PR]
by vermilionhome | 2007-03-24 21:48 | 家族