札幌出身・転勤族の30代主婦の育児日記。2007年4月27日出産。2008年2月仙台から東京へ転勤。初東京生活にびびり中。コメント大歓迎です♪


by vermilionhome
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:わたくしごと( 27 )

謹賀新年

e0105174_12341382.jpg

あけましておめでとうございます!

私にとって、お腹に命を宿しての初めての年越しとなりました!
なんだか不思議な感じがします。

そして私の誕生日は1月1日。
以前記事にも書いたように、元日=誕生日で、
ちょうど妊娠133日目、半分の期間が過ぎたわけです。

今では胎動もひんぱんに感じられます。

つわりもなく、今のところ順調な妊婦ライフ。
それもこれもかたくりこのおかげです。
私たち夫婦を選んできてくれたかたくりこに感謝。

写真はこの前料理教室で作ったおせち。
[PR]
by vermilionhome | 2007-01-03 12:34 | わたくしごと

宝くじが当たったら♪

ニンプは宝くじに当たりやすいなどと言いますが、本当なのかな?
一応、夫婦で30枚宝くじを買っているわけですが…

かたくりこ効果で、当たりそうな気がしてるんですよ!!

もし当たったら何を買うか考えるのってとても楽しいので、
羅列しておこう~♪

*モンクレールのダウン
昔から欲しいの…でも高いんだよね…。

*DVDデッキ
うちはテレビはプラズマなのに、いまだにビデオテープで録画してんの…。
だからビデオで見ると画像はアナログのまま(当たり前)。
(映画のDVDなどはプレステで見てます…)

*ついでにホームシアターセット
家でも映画館気分で映画を見たい!
子供がいたら映画館なんてそうそう行けないだろうし…。

*ホームビデオ
これは子供誕生へ向けて必需品でしょう!

*編集ソフト
これも宝くじ当たらなくても買おうかなー。
撮るだけ撮って、編集しないと見ないっていうし…。

*オーブンレンジ
パンやケーキをちゃんと焼きたい♪
今は小さいオーブントースターでなんとか焼いてるんです…。

*ハンドミキサー
この前手作業でケーキの生地や生クリームを泡立てて、死んだ…。

*キッチン用品・鍋を一揃い。
ビタクラフトとかケスラーとか柳宗理とかをセット買いしたい!
ルクルーゼも今よりワンサイズ大きいのが欲しい~。

*漫画「のだめカンタービレ」全巻。あとドラマのDVDも。
いわゆるオトナ買いですな。

*かたくりこ用にブランドもんのカワイイ子供服をたくさん♪
これは性別がハッキリしてからですねー。
ちなみに私はラルフローレンとかトラッド系が好きです。

*エステの回数券
産後の引き締めのために是非行ってみたい…
でも赤子がいたらそんなとこ行けないんだろうな…。

なんか…私の発想って貧相ですか?
でもホントに欲しいのはこんな感じなんですものー。
家やマンションはまだまだいいや…(転勤族なので)

あーホントに当たらないかなぁ。
[PR]
by vermilionhome | 2006-12-29 21:09 | わたくしごと

かたくりこと有馬記念

何を隠そう、ちょっとだけ競馬好きな私。
有馬記念もワクワクしながら、携帯で馬券を買ってました。

競馬に興味がない方もたぶんご存知のとおり、
ディープインパクトが圧勝したわけですが。

真剣な予想のほかにも
記念馬券だーとか言って、旦那と
「結婚記念日馬券」と
「かたくりこ(胎名)の予定日馬券」を
遊び半分で買ってたんですよ。

結婚記念日は9月4日なので
馬連④-⑨
ディープインパクトとトウショウナイト
出産予定日は5月14日なので
馬連⑤-⑭
ダイワメジャーとトーセンシャナオー
こういうのが万が一来たら配当は大きいんですよ、奥さん。

で、終わってみたら
④ディープインパクト
①ポップロック
⑤ダイワメジャー
という結果に。

ん…

④-①-⑤…?

かたくりこの出産予定日を並べ替えた数字じゃありませんかー!!

なんで気付かなかったんだろう…
三連複で押さえとけばよかった!!

…でも真剣に予想したほうは辛うじて当たってましたので
よい気分で年を越せそうです♪
[PR]
by vermilionhome | 2006-12-25 00:16 | わたくしごと

戌の日

今日が私にとって最後の「5ヶ月の戌の日」だったので、
旦那と2人で塩竃神社へ。

この神社は今年の1月にも厄祓いで訪れた神社。
ハイ、女32歳。今年本厄でした。
厄なんていうのにも全く興味なかったんだけど、
親に強く言われたので厄祓いは仕方なく行ったの。
神社の近くにある寿司屋目当てに行ったってのが真相。

でも今となっては、無事に妊娠できたし今のトコ順調だし
厄祓いのご利益あったのかなーと思ってます。

で、今日ご本殿で神主さんに拝んでもらってるときね、
涙が出てきたんですよ。自然に。
で、不思議なことに

「あ、ここに神様ホントにいるんだ」

って感じたんです。
気配というか…。

厄祓いのときは、「足がしびれるなー」とか、
「あの神主さん若いけどアルバイトかな」とか
不謹慎なことしか考えなかったのに、
この違いはなんなんだろ。

お腹に子供がいると、神様の気配を感じられるのかもしれないなーって
かたくりこに感謝したのでした。

そして帰りはやっぱり美味しいお寿司を食べてきましたよ。
[PR]
by vermilionhome | 2006-12-23 23:03 | わたくしごと

不思議な話part2

何冊か妊娠・出産本を買った中で、こういう一冊がありました。

「お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
 はじめての妊娠・出産 安心マタニティブック」

この本のすごいところは
例えば「8週と5日・47日目・出産予定日まであと219日」のページを開くと

「赤ちゃんは今16~18mm、約1gの大きさ。
ティースプーン5分の1の水と同じ重さです。
これから3日間で、舌や顔の下あたりに耳が形成されていきます。
これらは、発達が進んで頭の形が完成形に近づくに従い、
本来あるべき位置へと移動します。」

つまり、1日1日、今日の胎児の成長はこうですよ、と書いてあるのです。
他にも、「この時期に必要な栄養素は…」「この時期の注意点は…」
などの、ためになる文章もいっぱい。
著者のChristine Harrisさんが自身の妊娠時に、
もっと胎児の成長が知りたいと思って、作った本だそうです。

この本の特徴は他にもあるんです。
出産予定日というのは、実際に妊娠が成立した日から266日目のこと。
この本の266日目のページの「日付記入欄」に、
お医者さんに言われた、自分の出産予定日を書き込み、
さらにページを逆にめくりながら、
1日ずつさかのぼって日付を書き込んでいけば、
自分だけの妊娠ダイアリーの出来上がりです。
つまり、今日11月8日が、あるいはクリスマスイブが
何週の何日目に当たるのか、ひと目で分かるようになるんです。

かなり前置きが長くなってしまいました。
ここからが本題です。

私の出産予定日は来年の5月14日と言われてます。
だから最後のページには5月14日、最後から2番目のページ、
265日目には5月13日…とどんどんさかのぼって書き込んでいきました。
カレンダーを見ながら日にちを逆に書き込んでいくと、
5月…4月…3月…2月…1月…と
ページが逆に進んでいきます。

21週と0日・妊娠133日目のページまでたどりつきました。
その日は1月1日でした。
実は私はこの日が誕生日なのです。
そしてそのページに書いてある内容を読んで驚きました。

そこには
「今日はとても重要な日。というのは、今日で妊娠して133日が過ぎ、
出産予定日までもあと133日と、ちょうど折り返し地点まできたのです。」
と書いてあったからです。

たいした偶然じゃないといえばそうかもしれません。
でもそのときの私は、何の気構えもしていなかっただけに
自分の誕生日が、妊娠生活のちょうど真ん中に当たるなんて…と、
まさに体が震えるほど驚いて感動したんです。

そのあともずーっとさかのぼって日付を書いていくと、
妊娠が成立した日が妊娠0日(日本式だと2週と0日)として判明しました。
前から「この日かな…」と思っていた日と、ぴったりでした。オモシロイ。
[PR]
by vermilionhome | 2006-11-07 22:19 | わたくしごと

ストレスフル

なんだか忙しいんです…。
結婚してからフルタイム社員ではなく、いわゆるフリーターになったのですが
週末に仕事を立て続けに入れてしまい。

フリーターとはいえ、人と打ち合わせし、その中で提案したり譲歩したりするわけで、
ストレスがたまる出来事もあり。
ぜーんぶうまく進んでいるように見えて、フタを開けてみたら
「それ、なかったことにして!白紙だから!」なーんて
軽く言ってくれちゃうクライアントもいるわけで。

しかもその理由が、身内同士の仲間割れにあったりして…
それぞれの派閥からそれぞれにメールやらファックスやらが来て、
それぞれに互いの悪口をさりげなく言ってくれちゃったりしてー。

あららら…身内の悪口を外部の人間に言っちゃっていいんですかねー。

こういうのって、お腹の赤ちゃんによくないんだろうなぁと思いながら、
久々に夜更かししながら仕事をしています。
[PR]
by vermilionhome | 2006-10-28 00:00 | わたくしごと

はじめまして

ちょうど1年間、妊娠を目指し仕込み作業をしてたんだけど、
なかなかできなかった私たち夫婦。

私(32歳)は2年前にかなり大きく育った子宮筋腫を取った手術経験があり、
旦那(29歳)も、高血圧&腎臓があまりよくない。
だから、自分たちの生殖能力に自信がなかった。

「不妊」の定義は「2年間、できなかったら…」だけど、
年齢も年齢だし、「この次駄目だったら病院に相談に行こう」と
夫婦で決めた後に、妊娠発覚。

ほとんどあきらめかけていただけに、
市販の検査薬の陽性反応を見ただけでは
「ホントにできているんかいな?」」
と2人とも疑ってかかっていた。
だって期待して、違ったら嫌だもんね。

結局、幸運なことに、赤ちゃんは無事に
私のお腹の中で育ってくれています。

このブログでは、妊娠が分かってからの日々の生活を
のんびりとつづっていきたいと思います。
楽しいこと、幸せなことばかりでもないし、
かと言って辛いばかりでもない。

一生に何回かしか体験できないこの時期のことを
文章にして残しておきたいなぁと思いました。
[PR]
by vermilionhome | 2006-09-01 14:48 | わたくしごと