札幌出身・転勤族の30代主婦の育児日記。2007年4月27日出産。2008年2月仙台から東京へ転勤。初東京生活にびびり中。コメント大歓迎です♪


by vermilionhome
カレンダー

<   2007年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

くり坊誕生

e0105174_2016077.jpg

本日10時08分、予定どおり帝王切開で
男児を出産しましたー♪

2808グラム、母子ともに健康です!

けっこうハンサムくんに見えるのは親バカか?

もう母子同室で、まだ出ないお乳を吸わせたりしています。

痛み止めが効いているのか、傷はそんなに痛みませんねー。

取り急ぎご報告まで♪

あっ起きた!
[PR]
by vermilionhome | 2007-04-27 20:16 | 赤子の成長(0~3ヶ月)

産科病棟24 時

大袈裟なタイトルだけど、要するに入院中ってことです。
とりあえず6人部屋に放り込まれたのだけど、皆さんカーテン張り巡らしてて、
お友達になるどころか、ご挨拶も出来ない状況。
こんなもんなのかな?

GWで旦那が毎日のように一日中面会に来られることもあり、
やっぱり個室を希望することにしました。
だって一日中ヒソヒソ喋らなきゃいけないなんて嫌だもんねー。
うまくいけば明日移れるみたい。
とここまで昼間書いた文。
ここからは夜です。
もう消灯時間は過ぎ、暗い談話室にいます。
だって…だって…

眠れないんだもの!


まず部屋が異常に暑い!
暖房効き過ぎなんだけど、母子同室だから、赤ちゃんのためなの?
半袖のパジャマでも汗ばむくらいなので非常に不快。

そして当たり前だけど次々と同室の方の赤ちゃんが泣く(>_<)
自分が母になれば、他の子の泣き声は気にならないものなのかなあ。
やっぱり大部屋の母子同室って無理ありません?
ちょっとならまだしも、ひきつけを起こしたように延々と泣かれると
こっちまで切なくなるのよねー。
きっとお母さんも「どうしよう」って思ってるんだろうなー。

駄目だぁーすごく眠いのに、どんどん神経が研ぎ澄まされてゆくー。

手術は明日午前決行!
無事に、元気なくり坊に会えますように♪
そして少しでも眠れますように!
[PR]
by vermilionhome | 2007-04-26 22:57 | 病院

眠れない…

明日朝には病院に行かなきゃいけないのに神経が高ぶって眠れない…。

こんな日に限って旦那の帰りも遅くて(仕事だから仕方ないんだけど)
旦那の夕飯に合わせてたら当然片付けもお風呂もどんどん遅い時間になって。

今になって入院のために用意した荷物を点検して、
あれも足りないかもこれも必要かもとアタフタしてる。

あ~やっぱ緊張してるのかな。
仕方ないよね、おなか開くんだから、緊張くらいするさ。

早く寝られるようにPCの電源はもう落とそう。
おやすみなさい…。
独り言でした。
[PR]
by vermilionhome | 2007-04-26 00:31 | わたくしごと
e0105174_15114444.jpg


はい、私、ロッキーシリーズ好きなんです。単純明快でしょ。
出産前おそらく最後の映画鑑賞の機会に選んだのは、その最新作。

【かつてボクシング界の栄光の階段を昇りつめた男・ロッキー。しかし今では愛する妻に先立たれ、息子は家を飛び出し、孤独とともに日々を過ごしていた。そんな中、かつての馴染みのバーに立ち寄ったロッキーは、マリーというシングルマザーと出会う。その後彼は、心の喪失感をぬぐうために、再びボクシングを始めることを決意するのだったが…。】(goo映画情報より)

いや~面白かった。いろんな意味で。
まずですね、お客さんの年齢層が高い。
「ロッキー1」は1976年の映画(アカデミー賞獲ってるんですね)ですからね~
30年来のファンって方も多いのでしょう。
あっちなみに私は「ロッキー4」からリアルタイムで見た人間ですから。
小学生のときにアクション映画好きの父親とね(笑
そのあと、レンタルビデオやテレビで1~3まで観たんですね。
「ロッキー5」は観てませんが…。

で、自分の父親くらいの年齢の男性二人組が、私たちの右側にいたんですけど、
この2人のマナーはひどかった~。
まず、ずっとしゃべってんの、ボソボソと。うるさいよー。
そして映画が始まってすぐ、2人して出て行ったのでホッとしたら
ポップコーンを買って戻ってきました。先に買っておけよ!!
んで、ボリボリ食べてんだけど、ふと見ると
靴下まで脱いで素足で前の座席に足のっけてんだよー。

ビックリ。
まぁ映画館はとても空いていて、前に人は座ってなかったけど
靴下まで脱がないでくれ~。大変不愉快でした。見ないようにしてたけど。

そんな、普段は映画館に来ないようなオヤジたちを動員している
この映画、やはりオヤジ向けの映画でした。

最愛の妻、エイドリアンを亡くしてその思い出に浸るロッキー。
デートしたスケートリンクや彼女が働いていたペットショップを
巡っては、延々思い出を語るんですけど…。
私は「ロッキー1」を観ているので、そのエピソードが分かり、
ちょっとだけ涙ぐんじゃいましたが、観てない旦那には
何のことやらって感じだったらしい。

もうこの辺から、ロッキーファンのための映画ってことが分かります。

ロッキーのトレーニングも昔と変わりませんよ。
昔ながらの樽投げや腕立て伏せ、そしてランニングの最後は
フィラデルフィア美術館で階段を駆け上がり、雄叫びを上げる…!
まぁお約束って感じで、私にはギャグにしか見えなかった…。

さらにですね、前半が長い!
ロッキーが語る言葉がまるで「金八先生」のように、説教じみていてクドイの。
ま~監督・脚本・主演のスタローンの独壇場ですよ。
自分の息子に向かって、はたまた義兄のポーリーに向かって、
あるいはプロライセンスを再発行しないと決めた協会に向かって、
「あきらめたら人間終わりなんだ!
不可能といわれてもオレは前進したいんだ!」

切々と、クドクドと語るのです。
映像も、語り上げるロッキーを正面から捉えるアップばかり。
もうさ~どんだけスタローンは自分が好きなんだろうっていう感じ。

でも…スタローン世代のオヤジたちには
このメッセージが胸に響くのかもしれませんねー。
素足でポップコーンをボリボリ食べてたマナー知らずのオヤジたちも
「そうだ、何歳になってもオレは挑戦しつづけるぞ!!」なんて
勇気をもらって映画館を後にした…のかもしれない。

というわけで、ロッキーファンの私にとっては「予想どおり」の映画で、
逆に安心しましたよ。
でもなーこの映画が出産前最後っていうのがなんだか納得できないな…
入院前に「クイーン」でも観に行こうかしら…と考え中。
[PR]
by vermilionhome | 2007-04-22 15:59 | 映画・本・音楽・スポーツ
昨日、最後の妊婦検診に行ったあと、久々の街中ショッピングに!!
検査ばっかりで病院に3時間以上いて、疲れてたことは疲れていたんだけど
病院は街中にあり、「せっかく出て来たし、出産前最後だから」…と
いつものフレーズで自分を納得させて。
休み休みだけど、とっても楽しみました♪

春もののお洋服は見ているだけでも楽しい!
今は着られないし、たぶん産んですぐも着る機会がないから
新しいお洋服はもちろん買わなかったけど、
たまにはマネキンやウインドウの着こなしを見て刺激を受けるのも必要だわ!
しかし今シーズンはスカートもホットパンツも超ミニ丈が目につきますねぇ。

あ、あとZARAに入ってみたら、ベビー・子供服がけっこうあるんですね!
今までZARAに行ってもキッズコーナーには気付かなかったの。
かわいいのばっかりだったし、お値段もお手頃でした。
ただ女の子向けが多かったのと、新生児用のも少なかったので何も買わず。

で、結局買ったものは出産&育児のためのものばかり!

買ったものは

☆湿度計と温度計がついた壁掛け時計

☆湯温と室温が両方計れる温度計

☆フローラルウォーターのローズ

☆産後のおっぱいマッサージ用のオイル(ブレンド済みのもの)

☆ハーブティ 2種類

↑これがオススメ!!

アロマテラピーの勉強してたくせに、ハーブティって実は苦手で…
妊娠中も「体にいいから」って買ったものの、飲んでないものがあったんです。
が、今回のは超美味しい。
その名も「おいしいハーブティ」です。
甘いフレーバーを加えて飲みやすくしてあるんだって。
これなら私にも飲めるわぁ~。

ハーブやアロマテラピーのショップ「生活の木」で買いました。

ちなみに買ったのは
☆「ダンデリオンレシピ」
e0105174_18181550.jpg


ダンデライオン(タンポポ)配合でアプリコットの甘い香りつき。
ダンデライオン…利尿作用がありむくみをとってくれる、母乳促進作用もある

☆「シトラスサラダ」
e0105174_18184527.gif


フェンネルとシトラスフルーツのブレンド
フェンネル…利尿作用・消化促進作用・母乳促進作用・月経不順にもいい。妊娠中は一応避けたほうがよいハーブです。なのでまだ飲んでません。


ダンデライオン、フェンネルのほか、ネトルとルイボスティにも
母乳促進の効果があるそうです。産後の皆様、試してみては?

は~しかしよく歩きよく買いましたね~。満足満足!
これで思い残すことは何もない…はず!?
[PR]
by vermilionhome | 2007-04-19 18:24 | 赤ちゃんグッズ

最後の検診

36週の検診に行ってまいりました。
37週で入院・手術するので、これが最後の検診。
くり坊はますます大きく育っておりました~。

36w2dのくり坊

BPD(頭の直径)    9.3cm   
FTA(胴体の断面積) 64.9平方cm
FL(大腿骨の長さ)   7.7cm   
推定体重            2801g  

私の血圧 117/64
尿糖や尿蛋白・貧血もなし。
体重はちょうど妊娠前から+10キロ。
2週前の検診からはほとんど増えてませんでした。よかった~。

ちなみに2週前の34w2dでは
BPD(頭の直径)    8.6cm   
FTA(胴体の断面積) 72.2平方cm
FL(大腿骨の長さ)   6.3cm   
推定体重            2435g  でした。

よくよく見ると、FTAの数字が前回より減っているのね。
もしかしてFLと逆に書いちゃったかも?
というのも、分娩する大病院ではいちいち数値を教えてくれないので、
会計時に出すカルテを盗み見て(でも自分のカルテだし)、
自分でメモってきたの。

しかも、この病院では子宮底長も腹囲も測ってくれないし、
36週だけど子宮口チェックもなかったなぁ。
まぁ大丈夫なんでしょうけどね。
とにもかくにも、もう2800グラム!
来週の手術もちょうどいいのかもしれませんねー。

今回のセンセイもまた初めて会う先生だったのですが
一番親切で話しやすい感じだったので、
「頭のサイズが大きくないですか?」と気になっていたことを聞いてみたら
「ん~でも帝王切開だから、気にすることないですよ~」って
言われちゃいました。
やっぱり大きいんだ…。

通常の妊婦検診のあと、助産師さんとの会談があり、
入院についての詳しい説明を受けました。
あと、おっぱいチェックでやっぱり乳首が短めって言われてしまった…。
帝王切開の場合、最初の2~3日は横になったまま授乳するほうが
母体が楽なので、乳首が短いと吸わせづらいそうです。
うぅ…乳首マッサージ、痛くてさぼってきたのよ…。
これから1週間で頑張るぞ。

そのあとさらに検査の嵐。
帝王切開も立派な手術ですから、事前検査がいっぱいあるのです。
まず血液検査、次に胸のレントゲンを撮りました。
「えぇっ大丈夫なの?」と思ったけど、お腹には電磁波防止エプロンみたいな
重たーい防護布を巻いて撮りました。
それから心電図。
あと機械に向かって息をスーハーして肺活量を測りました。

広い病院内をウロウロし、それぞれの検査室前で順番を待ち、
けっこうグッタリ。

そしてたくさん検査をしたおかげで、お会計がなんと「9820円」でした。
事前にお金を下ろしていってよかったよー。
ギリギリ足りました(汗

これで検診は終了です!
あとは入院まで陣痛や破水が来ないように祈るのみ。
[PR]
by vermilionhome | 2007-04-18 20:01 | 胎児の成長

ママ友とのおつきあい

例のごとく「出産前に会いたい人に会い、食べたいものを食べておく!」作戦の一環として、
4月前半にランチの約束をしているお友達(正確に言うと前の会社の先輩)がいました。
日にちまで決まっていましたが、向こうの都合(東京からお客が来る)でいったんキャンセルに。
「ごめん!また連絡するから!」と言われてはや2週間。

「こっちから連絡するから!」と言われたので、
なんとなく待ってたんだけど、連絡きませんねぇ。

娘さんの幼稚園が始まって慌ただしいんだろうなぁ、とか
園で風邪やインフルをもらってきたのかなぁとか
いろいろ想像してみた。

お子さんがいる主婦ってけっこう忙しくて、世間一般が思ってるほどヒマじゃないよね。
仙台に来てお友達になったママ友とのおつきあいも、
約束していても、お子さんの急病や幼稚園の休みや午前保育やらで、
けっこうキャンセル&日にち移動ってあったから、
今回の件もそうなんだろうなぁと理解してはいるのですが。

でもやっぱりキャンセルしてから2週間放置ってのは
マナー違反じゃないですかねぇ。
私がもうすぐ出産ってことは知ってるはずなんだけど…。

例えばさ、「子供の風邪が長引いて」っていう理由なんだったら
その旨、連絡くれればナットクいくじゃないですか。
風邪って家族中次々と感染したりするしねぇ。
でもそれすらもない、ってことは…
単に忘れられてるのかなぁ~って悲しくなっちゃいます。
ま、そこまでのおつきあい、だったのかなぁとあきらめモードなんですが。

どうなんでしょ、私の心が狭いの?
こっちから連絡すべき?
皆さんならどうしますか?

ちょっとイラッとすると同時に
自分がママになったら、こういう堂々としたマナー違反をするのは絶対やめよう、
と誓うのでした。
[PR]
by vermilionhome | 2007-04-17 12:10 | わたくしごと

正義感が強い県No・1

今日から臨月!36週でーす。
いつ生まれてもおかしくないけど、もうちょっと待っててくれ、くり坊よ。

さて。

ちょっと前の話なんですけど。
改編時期の特番の一つにTBSでシリーズ化してる
「ニッポン県民性発表SP」っていうのがあるんですがご存知ですか?
番組独自でアンケートをとったりして、県民性を調査するってやつ。
例えば
「ものを大切に使う県NO.1はどこか?」とか
「惚れっぽい県NO.1はどこか?」とかね。
それぞれ理由もくっつけて、嵐の櫻井くんが「調査ロケ」に来て、
VTRもそれなりにおもしろい番組なんですよ。

こないだもその放送があったのでなんとはなしに見ていたら
今私が住んでいる宮城県が
「正義感が強い県NO.1」に選ばれていたんだよねー。

で、その理由っつーのが、アンケートの結果もあるんだけど、
「県内各地に○○戦隊が存在するから」っていうのね。
例えば宮城県登米(とめ)市という農業が盛んな地域には
「アグリ戦隊マッスルレンジャー」なる人たちがいるそうです。
私も知らなかったんだけど、自治体なんかで作って、
町おこしに使ったりしてるんでしょうね。

まあ番組なので、面白かったからいいんですけどね…。

でも…ひとこと言わせてください…。
宮城県で妊婦になってから…

一回も地下鉄で席を譲ってもらったことないよ!!

それどころかー
いっつも若い人でも平気で優先席に座ってますよ!
しかも、一般席もガラ空きなのにわざわざ優先席に座ってるんですよ!?

あ、でもね、自分が妊娠してからは、「一見若くて健康に見えても、
なにか理由があって優先席に座ってる人もいるんだろうなー」って
思うようになりました。
だって妊娠初期なんて他人から見たら分からないけど、座りたいよねー。

だけど、優先席で両膝おっぴろげて、座席から落ちそうなくらいだらしない座り方をして
携帯ピコピコいじってるようなコキタナイ10代の少年とかは、ホント勘弁してほしい~。
人間として怒りを覚える。

さらに、一般席では、もう少し詰めればあと1、2人余裕で座れるのに、
全然詰めようとしない人ばっかりです。
お腹の大きい私がそばに立っているのに、
ちょっと右か左に詰めてくれれば座れるのに…と思ったことが何回もある。
私もオバタリアン(古い!)になりきれれば、
スキマにお尻を突っ込んで座るんだろうけど、まだそこまでは…。

たぶんね、宮城の人って恥ずかしがり屋でプライドが高いんですよ。
だから、他人と密着するのを好まないんだと思う。
これがもっと大都市だったら否が応でも席を詰めなきゃならないでしょ?
仙台では通勤時間以外はそんなに地下鉄混まないから、
人と人の距離をある程度おきたいんでしょうね。

「正義感が強いどころか、仙台の人は不親切な気がするよ!
 札幌だったらもっと席を詰めるのに!!」なーんて旦那に話をしていたら、
旦那が目からウロコのことを。

「札幌の地下鉄は、座席のクッションにおよそ1人分ずつ仕切り線がついてる。
なんとなく1人1人その線に合わせて座るので、余分なスキマがないんじゃない?
仙台は何もないからみんな適当に座って、結果スキマが空きまくるんじゃないかな」

だって。
確かに札幌の地下鉄ってそうだったかもー!
さすが合理的な北海道!
こうなったらさ、仙台の地下鉄も座席のクッション換えたらどうかしら??
それでもみんなくっつきあうのが嫌で、微妙なスキマが生まれるかもしれないなー。
[PR]
by vermilionhome | 2007-04-16 15:57 | わたくしごと

眼帯生活

右目が充血して真っ赤になっちゃった~。そしてイタイ。

5~6年前にコンタクトで角膜に傷をつけちゃって、
以来、右目は眼圧も測れないような変な目になってるの。
ぼや~っとしかモノが見えないのです。
コンタクトも入れられなくて、左眼だけメガネやコンタクトで矯正してます。

その古傷が、1年に1回くらい再発しては充血するのが
私の持病みたいになってるの。
疲れてるときに、髪の毛やマツゲやシャンプーが目に入ることが
引き金になって、「あれ。痛いな」と思ったらもう充血。
ほっておくと1週間も2週間も治らないのが分かっているので
今回は即病院へ行きました。

毎回同じなんだけど、タリビットとゾビラックスっていう軟膏を出してもらって、
目の中ににゅる~っと入れるんです。
それで眼帯してひたすら治るのを待つしかない。

風邪を2回ひいて薬もらったことがあるので、
これで妊娠中に薬を使うのは3回目。
なるべく使いたくないんだけど…治らないのも辛いので必要悪ということで
仕方なく使ってます。

くり坊よ、本当にごめんね…。
誕生まであと2週間!
[PR]
by vermilionhome | 2007-04-13 20:50 | 体の変化(妊婦編)

育児本の不思議

なんでもかんでも、本やネットで調べるのが割と好きです。
妊娠してからは、図書館で妊娠・出産に関する本をいろいろ借りたりしました。
というか、集中力がなくなったせいか、普段読んでたミステリーなどが
あまり頭に入らなくなってしまったからってのもある。

で、つい最近は出産を通り越して育児本を借りてきました。
3冊をザーっと斜め読みしたんだけど、スゴイですよ。

3冊とも言ってることが違うの!!

特に授乳に関して。全部違う!
いや~これほどとは思いませんでしたねぇ。

1冊目は、シアーズ博士に影響を受けたというアメリカ人女性が書いた本。
彼女は「アタッチメント・ペアレンティング」という育児を推奨していて
「日中はスリングに入れて密着、夜は添い寝」派です。
で、「アタッチメント・ペアレンティング」の場合は、
授乳は「赤ちゃんが欲しがったら」っていうのが基本らしい。
あと、子供が欲しがるなら、何歳まででもおっぱいをあげていいって。

さらに次の本。
これもアメリカ人の女性が書いた本で、この人は「赤ちゃん語が分かる」とか、
「魔法のベビーシッター」などと言われている人らしい。

この人の授乳方法はというと、
「自分と自分の赤ちゃんのスケジュールに沿って」というスケジュール方式。
ただ、「2時間おき」などと杓子定規ではなく、自分達で決めること、というのが
「なるほどな」と思いましたけど。
「そうすれば赤ちゃんに振り回されることなく、自分の時間も持てます」と
書いてあったので、上の「アタッチメント・ペアレンティング」とは真逆かなぁと。

最後の本は日本で有名な「桶谷式母乳育児」の本です。
これはまだちらっとしか読んでないんだけど、桶谷さんが言うには
授乳の間隔は
「お母さんが自分で催乳感覚を感じたら」だそうです。
催乳感覚って言葉がホントにあるのかどうか、桶谷さんの造語なのかは
知らないけど、「おっぱいが出そう」っていう感覚のことらしい。
だいたい2時間半くらいでその感覚が起きるから、そのときに赤ちゃんにあげる、らしい。

さらに桶谷式では、おっぱいに「へのへのもへじ」を書いて赤ちゃんをビックリさせ、
1歳とちょっとで「断乳」するように、とも書いてありました。

どーですか、さらっと読んだだけでもこんなに違うんですから~。
私は隅々まで育児本のとおりに実践しようなどと思ってはいなくて、
どの本からも「イイトコどり」をしよう~と大ざっぱに考えているんだけど、
もし神経質な人だったら、「本のとおりにしなくちゃ!」って思うんだろうねー。

今まで読んだ本には過激なものもあって
「母乳育児とカンガルーケア(出産直後に母の胸に子を抱かせること)で
犯罪者がいなくなる!」なんていうのもありましたよ。

私も知識ばっかりの頭でっかちにはならないように注意したいと思います♪
[PR]
by vermilionhome | 2007-04-12 20:51 | 映画・本・音楽・スポーツ